いつしか愛着が!予習しよう、映画『トランスフォーマー』第1作目の感想とネタバレ

オートボットの同志たちにこのメッセージを送る。

我々はここでいつまでも待っている。

またも新作がやりますね!トランスフォーマー!第5弾、『トランスフォーマー/最後の騎士王』がついに今年(2017年)公開されます!

確か私はこの作品は3作目辺りで力尽きてしまったんですが(笑)どうにもロボ好きな家族が観たいということで1作目から観る事に・・・

確か私、どれか劇場で観たんですけどね・・・パンフがないです。当時はまだ買ってなかったのかな。

sponsored link




【映画情報】

【原題】Transformers
【制作国】アメリカ
【監督】マイケル・ベイ
【脚本】アレックス・カーツマン/ロベルト・オーチー
【製作】ドン・マーフィー/トム・デサント/ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ/イアン・ブライス
【音楽】スティーヴ・ジャブロンスキー
【主題歌】リンキン・パーク – ”ワット・アイヴ・ダン”

【出演([]内は役名)】シャイア・ラブーフ[サム・ウィトウィッキー]、ミーガン・フォックス[ミカエラ・ベインズ]、ジョシュ・デュアメル[ウィリアム・レノックス大尉]、タイリース・ギブソン[エップス軍曹]、レイチェル・テイラー[マギー・マドセン]、アンソニー・アンダーソン[グレン]、ジョン・ボイト[ジョン・ケラー国防長官]
【公開日(日本)】2007年8月4日
【上映時間】143分
【配給】UIP
【IMDB】7.3/10.0  (およそ531,000人の評価)

【あらすじ】

自動車、ヘリコプター、戦闘機など地球上のあらゆるマシンの姿をトレースし、人型ロボットへ変形することができる未知の金属生命体が地球に襲来。人類に対して侵略を開始する。そんな時、先祖の探検家が南極で発見した彼らの“秘密”を、そうとは知らずに保管していた16歳の少年サムは、初めて買った自分の車が巨大ロボットに変形することを知り……。【映画.com

【感想】

☆3.0

良かった点!

  • バンブルビーが可愛い!

ものすごーくありがちなんですが、ものすごーくパワーのある石を求めて金属生命体達が”正義”と”悪”に別れて奪い合い、戦う・・・みたいな内容なんですよね。その金属生命体のことを「トランスフォーマー」と言うんですが、普段彼らは車や、携帯電話や、ラジカセなんかに擬態して人間から身を潜めているわけです。

そして、ものすごーくパワーのある石を見つける手がかりを持っていたのが冴えない主人公のシャイア・ラブーフ君!

そしてそんな彼を守るべくボディガードとしてやってきたのが正義のトランスフォーマー、「オプティマス・プライム」率いるオートボットのバンブルビー!

彼だけ言葉が話せない(修理中)ので、カーラジオを組み合わせて言葉を作り、意思表示してくれるんです。それから、主人公が意中の彼女とうまくいかない時にそのシーンにバッチリ(?)な音楽をかけてくれたりと、なかなか粋(笑)

↑足におしっこをひっかけてきた犬の真似をして、油をかけるバンブルビー(笑)最高(笑)

彼のちょっとおちゃめ(?)でひょうきんなキャラを愛せずにはいられない。物語の中盤でバンブルビーがピンチになれば、きっと彼の安否にハラハラしてしまうはず・・・!

後半のバンブルビーとヒロインの女の子の共闘もすごく見ものですよ!

スピード感が半端ないし、人間と一緒に共存していく未来が見えるようでとても良いシーンでしたね。

  • 前半がすごく楽しい!

車が変形したりラジカセが変形したり、きっとどの部分がどの体の部分に変化するのか綿密に計算されているんだろうなと思うと尊敬とワクワクが止まりませんね!!

そんな仲間たちが勢ぞろいして、主人公が夜中に実家にメガネを取りに帰るシーンが本当に面白いんです。みんなでデカい図体して絶対に聞こえるだろって音量で喋ってるし、重量的にも絶対に振動で気付かれちゃうだろっていう(笑)

怪しんだ父親が窓を開けるとみんなが一斉に隠れるんですがそれがまるでドリフのようで(笑)

いやいや絶対に見つかる(笑)

  • 大尉がカッコいい!

後半の戦闘シーンで、米軍のウィリアム・レノックス大尉がバイクで突っ込んできてそこから地面を背中でスライディングしながら射撃する!!ものっすごい技量だなおい!とツッコミつつも素直にカッコいいなとも思ってしまいます(笑)

上でも人間との共闘の事を書きましたが、あれだけの力の差がある相手に対して人間が戦えるシーンがあるというのは本当に希望があって良い。まぁ、確かに少し、ショーケース的なアクションですけどね。映画というモノはエンタメなのだからそれでも良いかなと。

残念だった点!

これはもう全体的に私とトランスフォーマーの相性の問題だとも思うんですが・・・

  • とにかくカタカナが多い!(笑)

オプティマス・プライムだとか、オートボットだとか、ディセプティコンだとか、もうなんだかわけがわからないよ!(笑)これ日本のおもちゃの実写化なんですよね?昔、アニメをやってたのを覚えてるんですが(その時は動物がロボットに変身していた)確かコンボイとかもっと分かりやすい名前だったような気がするんですが・・・。名前が長くてややこしくて、うん?こいつは誰だっけとなってる間に話が流れて行ってしまいました・・・。

結局バンブルビーしか覚えられない!!!

もう少し、それぞれのトランスフォーマー達のキャラの掘り下げ、欲しかったですね。

  • 最後の戦闘が眠い!

本当に、私、銃撃戦が苦手なんです(笑)まぶしくてまぶしくて・・・しかもトランスフォーマーは体の作りが複雑じゃないですか。けっこうややこしくなってしまう・・・しかもジャズは一体どこでそんなことに・・・(笑)ややこしいし眩しいしで、私にはやっぱり合わなかったですね・・・。

バンブルビーやプライムは好きなんですけどね!

まとめ

非常にアクション等は見応えがありますし、2007年の作品とは思えないCGの完成度です。さすがマイケル・ベイ監督。

この映画は前半と後半で大きくシークエンスが分かれているのですが、個人的には前半の、主人公とオートボット達の出会いまでの流れが良かったですね~。

調べてみたら7作もあるんですか・・・でもせっかく見始めたし全部観たいなぁ。

出来ればものすごい迫力なので、皆さんも新作はIMAXなんかでご覧になった方が良いかと思われます!

どうでも良いけどファービーが!昔流行りましたねー。懐かしい!!(笑)


にほんブログ村 映画ブログへ
ランキング参加中です♪よろしければポチりお願いします( ´ސު`)

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする