憧れのテーマパークが再び!映画『ジュラシック・ワールド』感想&ネタバレ

あのテーマパークが、ついにオープンする。

ジュラシックシリーズは正直チラッとしか観た記憶がなく・・・どの作品をどれくらい観たかとかが定かではないんですよね(笑)もしかしたら一作もまともに観た事がないかもしれません(笑)

『炎の王国』に合わせて全作おさらいしてまいりました!!どうも!ちびぞうです!

あの恐竜シリーズはここから始まった!映画『ジュラシック・パーク』ネタバレ&感想
6500万年を翔けた夢とアドベンチャー! ジュラシック・ワールドの2が公開ということでね、ちびぞうは過去作を観てるのか観ていないの...
あの名作恐竜映画の続編!『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』ネタバレ&感想
そして何かが生き残った・・・ どうもこんにちは、こんばんは。ちびぞうです。 ちょっと間が開いてしまいましたがジュラシックシリ...
ついにプテラノドン登場!!映画『ジュラシック・パークⅢ』ネタバレ&感想
恐竜の〈知力〉は人間を超えるのか・・・ こんにちはこんばんはちびぞうです! ジュラシックシリーズおさらいのコーナー。前記事は...

ちびぞうが恐竜の中で一番怖いなぁと思っているのは「ディフォロサウルス」という名前のわりと小さめで可愛い体をしているのにも関わらず、突然エリマキトカゲのようになって毒を吐いて来るヤツです。デカいの一体に襲われるよりも、ああいう系に囲まれる方が怖い(笑)

パンフレットはこんな感じ。

いたってノーマルな縦長A4サイズ。写真ではわかりにくいですが、恐竜マークとタイトル部分はエンボス加工がしてあって浮き出ています!34Pで税抜き667円。まぁまぁ普通ですかね。

キャラクター紹介以外にも、恐竜たちの紹介なんかも載っているので恐竜好きには興味深いと思います!!(笑)

sponsored link




【映画情報】

【原題】Jurassic World
【制作国】アメリカ
【監督】コリン・トッレボロウ
【脚本】リック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
【製作総指揮】スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
【製作】フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
【音楽】マイケル・ジアッキノ
【主題歌】『ジュラシックパーク』のテーマ(ジョン・ウィリアムズ)
【出演([]内は役名)】

  • クリス・プラット[オーウェン]
  • ブライス・ダラス・ハワード[クレア]
  • イルファン・カーン[マスラニ]
  • ヴィンセント・ドノフリオ[ホスキンス]
  • タイ・シンプキンス[グレイ]
  • ニック・ロビンソン[ザック]
  • ジェイク・ジョンソン[ロウリー]
  • オマール・シー[バリー]
  • B.D.ウォン[ヘンリー・ウー博士]
  • ジュディ・グリア[カレン]

【公開日(日本)】2015年8月5日
【上映時間】125分
【配給】東宝東和
【映倫区分】G
【前作】ついにプテラノドン登場!!映画『ジュラシック・パークⅢ』ネタバレ&感想
【次作】ジュラシック・ワールド/炎の王国
【IMDB】7.0/10.0  (およそ460,000人の評価)

【あらすじ】

事故の起こった「ジュラシック・パーク」にかわり、新たにオープンした「ジュラシック・ワールド」では、ジャイロスフィアという球体の乗り物でめぐる恐竜見学や、モササウルスの水中ショーなどで人気を博していた。さらなる人気を獲得したい責任者のクレアは、飼育係オーウェンの警告も聞かず、遺伝子操作により、凶暴で高い知性をもった新種の恐竜インドミナス・レックスを作り出すが……。【引用元:映画.com】

【感想&ネタバレ】

☆3.2/5.0

テーマパークのワクワク感がすごい!!

絶対、こんな場所が出来たら行ってみたい!!と思うようなハイクオリティというか、かなりリアリティがあったように感じました。球体の乗り物に乗って自由に園内を見て回れたり・・・ワクワク止まらないですよね!!

実際の恐竜のデザイン(特に着色)などは現代の人間たちの想像によるところが大きいらしいのでどれくらいリアリティがあるかは分かりませんが、かーなーり、テンション上がりますよ。もう劇場でやってないのが本当に惜しいです。劇場で観た時の迫力は半端ないです。

やっぱり悪者が凶悪な恐竜とか作るよね・・・

そして脱走して暴走し始めるよね・・・個人的に、恐竜の中ではやはりT-レックスが最強であって欲しいという願いがあるので、ぜひともそこらへんは守って欲しかったなぁ。遺伝子改良でさらに強いの作っちゃうとかずるい!!(しかも今作のT-レックスさんちょっとかっこよさが半減してる)

そして、若干ストーリーが読めてしまう感じね。

でも大作エンターテイメントなんてそんなもんでしょう。大体が。なので全然許容範囲です。楽しいです!!

過去作ファンも喜ぶオマージュがたくさん!

ジュラシック・パークから20年後。同じ島でのワールド開園ですからね!!
1に登場した施設や車、ヘルメットも古くなって出てきますし、ハモンド研究所や案内役のDNAを模したキャラクターも再登場!よーーーーく見ると、ワールドスタッフのデスクにマルコム博士の本が置いてあって、そこには彼の写真が・・・(笑)

更に、ヒロインのクレアが姉のグレイに「子どもは良いわよ」と言われるシーン。
これも1の主人公、アラン博士が言われた事と同じ!
脚本的にも1に倣っている部分があるし、演出や小物でも1を感じられます。

1への愛がたくさん感じられますね・・・!

関係ないですが、ヒロインのクレアの髪型は本当はくせっ毛なのを多分アイロンで伸ばして真っ直ぐにしているんですよね。それが後半、彼女が身なりを気にせず冒険するようになるとだんだん髪の毛が乱れてきて本来のウェービーな髪型に変化する・・・っていうのが彼女のかしこまった人物像がオーウェンとの関りにより変わっていく・・・という演出のようで好きでした(*’ω’*)

ラプトル達の活躍に大注目!!

ちびぞうが恐竜の中で一番好きなのはラプトルという種類の恐竜なんですが、今までずっと彼らを推していまして。

そうしたらなんと!!

今作でかなり、主役級の活躍を見せてくれるではありませんか!!しかも人間と協力しながら!!たまらないです、ラプトルファンとしては涎ダラダラです(笑)

彼らは今までのシリーズではずっと人間を襲う敵側として描かれてきました。ゆえにその賢さも脅威だったわけなんですが・・・今作ではなんと”人間に慣れる”!!!この新たな一面が観られるわけですよ!しかもとても勇敢で賢いので頼りになるし、そして可愛らしくもあります。ぜひとも彼らの雄姿をレンタルでも全然かまいませんので観てやってください!!


にほんブログ村 映画ブログへ
ランキング参加中です♪よろしければポチりお願いします( ´ސު`)

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする