UVレジン【トカゲの空枠でチャーム作り】メイキング!

こんにちは、こんばんは。ちびぞうです。

ハンドメイド系の記事は毎回お久しぶりになってしまいますね~・・・。

今回は、こちらの

トカゲの空枠と、時計のチャームを合体させる形で、新しいチャームを作っていきたいと思います!

どちらもおなじみ、クラフトハートTokaiさんで購入してきたものです。

sponsored link




時計の下準備

トカゲと時計、両方にチェーンを通す穴がついていますよね。どちらか一方を取らないとなーと思いつつ、本当は時計の方を活かしたかったんですが、どうもトカゲの方を切り取るのは難しそうで(かなり分厚い)諦めました。

ニッパーを使って、時計の方を

こんな風にカット。もちろんやすりで削って滑らかにしています。

トカゲの下準備

トカゲの枠に、レジンの底を作っていきます。マスキングテープの上にトカゲを置いて・・・薄くレジンを流し込み、

硬化!!!!

固まったら、マスキングテープを外して時計の上に置き、大体の配置を決めます。

こんな雰囲気の位置がいいかな~。

トカゲに色を着ける

今回は、以前買って来て置いてあった”色付きレジン”を使いたいと思います!!

頭の方から、黄色の順番で

一番上に配置した黄色だけ他の2色と違う種類のレジンだったんですが、固めてみても透明のままでした・・・なんで発色しなかったんだろう。不思議。

緑と青は、原色ばりばり!と言うよりは少しくすんでいるというか・・・パステルカラーな感じでしたね。

三色を流し込んで、爪楊枝でグラデーションっぽくなじむように境界線を混ぜたところです。

そこに、星を散りばめて硬化します。

時計に歯車をつける

Tokaiさんでゲットした、本物の時計のパーツが入ったセットから、いくつか選びます。

こんな感じで、本物の時計に使われていたパーツが入っています。そこから

歯車を4つと、長針と短針を一つずつ選びました。

写真を忘れてしまいましたが、針はトカゲの頭らへんにくっつけました。

残りの歯車を時計にレジンでくっつけていきます。が、その前に仮配置。

こんな感じで置こう、と決めたら、上の写真のように歯車が傾いてしまわないようにバランスよく乗せてレジンでくっつけていきます。

まずは右側に2つ。次に残りの2つもつけていきます。

トカゲを乗せる

仮配置した時の写真を見ながら、トカゲを置く場所を決め、レジンを塗ったらそこに置いて硬化します。

もうほとんど完成です!

時計や歯車の上にも星のパーツを散りばめたら・・・

完成です!!

まとめ

今回はマニキュアを使わず、色付きレジンをトカゲの中に試してみました。

やっぱりぶっつけ本番は駄目ですね、一度透明のフィルムの上か何かで試しに硬化させてみて、どんな出来栄えになるのか試してみるのがいいです。

おかげでイメージしていたよりもだいぶ地味に仕上がってしまいました。

これはこれでシックでいい感じですが♪

時計の針の部分がかなり柔くて、引っかかるとすぐに曲がってしまう恐れがあります・・・なので、キーホルダーとかよりはネックレスにした方が・・・まだ扱いに困らないかもしれませんね。

こういう繊細な細工のものは外に飛び出させるよりも、レジンで閉じ込める方が良いかもしれません。それか、外にはみ出ていても丈夫に作れる方法が見つけられれば良いのですが。

今回は学びと課題が多く見つかった、トカゲのチャームつくりでした。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキング参加中です♪よろしければポチりお願いします(*´∀`*)

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする