UVレジン【キューブのブレスレット】メイキング

こんにちは、こんばんは!ちびぞうですー^^

今回は、いつものUVレジンを使って、シリコン枠でキューブを量産、それをつなげてブレスレットにする!というアクセ作りのメイキングをレポートしたいと思います(*’ω’*)

sponsored link




使用したアイテムはこちら

今回は、穴開きキューブが作れるシリコン枠に、シェルを流し込む形でキューブを作りました!

シリコン枠はこれ!

パーツクラブで購入、税抜き380円です。

使ったのは5個所です。大体、190円分くらいでしょうか。手間をかければ三か所だけで済みますが。

そして

シェルはこちら

ちょっとどこで購入したか忘れてしまいましたが・・・(これもおそらくパーツクラブ)

ネイルなどでも使えるシェルの詰め合わせセット、税抜き560円です。12色入っていて、一つ50円以下ですね!

使ったのはこの5色!水色、そして淡い紫と、クリーム色ですね。

製作開始

シリコンにシェルを入れる

まずは、シリコン枠の大・中・小にシェルを入れていきます。

一番小さい枠は使っていません。

大には、を一緒に入れました。中には水色のみ。小には淡い紫と、クリーム色を一緒にしています。

レジンで少しずつ固める

そこへレジンを流し込んで、一層目を固めます。

固まったところへ、シェルを散らしレジンを流し込む。そして、また固めます

こんな感じで、少しずつ固めながら、いっぱいになるまでシェルとレジンを入れては固め、を繰り返していきます。

シリコンから外す

レジンは固めると縮んでいくので、いっぱいに見えても固めると凹んでしまったりします。なので、少し盛る感じでレジンとシェルを入れて、しっかりと四角になるように固めます。

出来上がったら、型から外しましょう!

こんな感じで仕上がりましたー!(*’ω’*)少しベタついていたら、色んな方向からもう一度ライトを当てて固めてください。

これは上から見た写真ですが、横から見るとレジンの層が出来てしまっていました・・・。層が出来るのは狙っていなかったので、次からはもう少し入れるレジンの量を増やして、シェルを混ぜて層をなくす感じでやっていきたいです。。。

9ピンを通す

作ったキューブにゴールドの9ピンを通して、

真っすぐになっている方を8㎜ほどのところでカットします。

そして先が丸になっている細いペンチを使って、反対側のように丸めていきます!

こんな感じですね!

残りの4つも同じようにして9ピンを通していきます!

同じようにカットして、

丸めたら出来上がり。あとはそれぞれを繋げていくだけです。

チェーンを繋げる

このほっそいチェーン(BJ-315G)を、腕に巻いてみてちょうど良さそうな長さでカットします。およそ16センチになりました。

カットしたら、チェーンの上にキューブを置いてみて、配置やバランスを決めます。

ちょうど真ん中のところでもう一度切ります。それぞれ8センチずつになりますね~。

そこに大のキューブを繋げます。

このCカンを使います。チェーンの穴が小さすぎて通らないかと焦ったんですが、小判のようになっている形をペンチで真ん丸に直すことで、Cカンも通すことができました・・・良かった。

大のキューブにチェーンをCカンで繋いだところです。反対側も同じようにつなぎます。

1センチ間隔で、キューブを繋げていきます。全てのキューブを繋げたらもう一度手首に巻いてみて、長さを調節したらカニカン(指で突起を引くと開く仕組みのやつですね)とダルマカン(カニカンが噛んで繋がる方ですね)を繋げます。

完成!!

結構可愛く良い感じに仕上がりました!

画像に写っている留め具の、左側がカニカン、右側がダルマカンですね!

Cカンをもう少し長く繋げて、アジャスターとして長さを調節できるようにすると便利かもしれません!

ここまで読んで頂きありがとうございました!

そろそろハロウィン時期ですし、次はハロウィンっぽいデザインのアクセ作りもしてみたいです♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキング参加中です♪よろしければポチりお願いします(*´∀`*)

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする