おさらいしよう!映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』感想

ヤバすぎる宇宙最凶チーム、誕生!

さて、ガーディアンズオブギャラクシーの感想です!

何故今このタイミングなのかって?もちろん!!今年2017年、来たる5月12日より

待望の

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー : リミックス』

が、公開されるわけなんですねー!!!テンションもだだ上がりですね!!

ぜひぜひこのタイミングで1の方の感想も書きまして、皆さんと一緒に私もおさらいしていければなぁと思った次第でございます^^

ちなみにパンフレットはこんな感じでした。

写真だと見づらいですが、虹色の光沢がかっこいいパンフです!

設定イラストかな?なども絵とは思えないクオリティで迫力でした!

まずはいつも通り映画の情報から。

sponsored link




【映画情報】

【原題】 Guardians of Galaxy Vol.2 
【制作国】アメリカ
【監督】ジェームズ・ガン
【脚本】ジェームズ・ガン、ニコール・パールマン
【音楽】タイラー・ベイツ
【出演】クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デビッド・バウティスタ、ブラッドリー・クーパー(声のみ)、ヴィン・ディーゼル(声のみ)、リー・ペイス、マイケル・ルーカー、ジョン・C・ライリー、ベニチオ・デル・トロ等
【公開日(日本)】2014年9月13日
【上映時間】122分
【配給】ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
【IMDb】★8.1/10.0

【あらすじ】

自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所にぶち込まれてしまう。ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄するも、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うこととなり……。【引用元:シネマトゥデイ】

【感想】

★4.3/5.0

大満足でした。冒頭の、主人公ピーターが母親を看取った後で宇宙に連れ去られてしまうシーンは蛇足かと思いきや、立派に伏線になっていました。他にも伏線と言えばグルート(木のキャラクター)の台詞が「I / am / Groot.」の三つしかない部分、これも伏線だろうなと最初からわかりきっていたのに、かーなり泣いてしまいましたね~~(笑)

ラストのシーンも、開けた瞬間に「続編あるな!!」って私たちに知らせてくれる、素晴らしい演出でした。ああ、鑑賞者へのプレゼントでもあったんだなぁ。と言った感じで。

ダークホース!というのはこういう作品の事を言うんだなぁと。それくらい、この作品はマーベルヒーローズのシネマティックユニバースの中でも特に地味なように感じていて、正直地雷なのでは??という疑いすら持っていました(笑)

当時、CMでこの映画を見た時にアライグマがとにかく可愛らしいなぁと思っていて、アライグマを見に行くかなぁくらいの感覚だったのですが…

今思えば大正解でしたね!今作も劇場で観て大正解だったので、ぜひ次回作も劇場で観て頂きたいなぁと思います!!

ちなみにストーリーはわりと単純です。「世界を支配できるよ!」というほどに強いパワーを持ったオーブというアイテムが存在していて、それを欲しがる悪い奴に対し、出会った荒くれもの同士でチームを組んで戦おう!!という感じなんですね。

このシンプルなストーリーに添えるスパイス的な要素は、”主要メンバーが全員、犯罪歴のある悪者で構成されている”という点と、主人公ピーターが地球での母親との思い出である”カセットテープ”を聞くという設定で70年代~80年代のポップスがサウンドトラックとして頻繁に使われている点。

それぞれのメンバーの魅力(特にアライグマと木が 笑)も大きいですが、個人的にはこの音楽というアイテムが主人公の故郷である地球との繋がりを持たせている点がとても良かったなと思いました。もちろん流れるタイミングや映像との合わせ方もとても良かったです。ハイセンス!!!

エンドロール後の映像では、破壊されてボロボロになったコレクタールーム内で、ハワード・ザ・ダックと会話するコレクターの姿が見れます。

次回への伏線

実はピーターがテラ星人(地球人)ではなく、ハーフだったことがラストで発覚。
しかも父親ははるか古代の人?らしいという話。

そして、ラヴェジャーズがオーブを(すり替えられているとは気付かずに)持ち帰る際、「ピーターを父親に渡さなくて良かったぜ」といった感じのセリフが出ます。

これはつまり、ピーターを地球からさらったのは、本当の父がラヴェジャーズに依頼したからなのでは?と考えられますねー!

そしてその伏線がそのまま、リミックスで回収されます!

インフィニティ・ストーンとは?

宇宙が誕生する前、6つの特異点が存在した。そして大爆発が起きて宇宙が誕生した、特異点の残骸は結晶になった。それが6つのインフィニティ・ストーン。
使用できるのは、並外れた能力を持ったもののみ。石を使えば簡単に全世界を消滅させることができる。
オーブを一時的に共有したものたちは、すぐさま焼き消えた。

と、劇中でコレクターが説明していました。

アベンジャーズとの関わり

  • オーブ(インフィニティ・ストーン)をラヴェジジャーズからピーターが盗む→ザンダー星のノバ軍が保管
  • 敵軍がサノス(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で戦うヴィラン)の手下
  • ガモーラはサノスの養女だった
  • 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のエンドロール中に登場したタニリーア・ティヴァン(コレクター)が登場する

【今後への期待!】

正直、彼らがアベンジャーズのメンバーとして合流していくという話を聞いた時は「あまりにも他のメンバーに比べてひ弱なのではないか?」という不安が浮かんだのですが。

(ホークアイさんの地味さを緩和してくれる存在人間らしさと言う唯一性が埋没してしまうのでは?という心配もありましたが)

最期の方で、例のすごいパワーの力を多分全員その身に宿す形となったと思うんですよね!

なのできっと2ではもっと超人的な力をみせてくれるのでは…と期待しています。


さてさて、なんだかおさらいというよりも私が当時の記憶を頼りに感想をダラダラと書いてしまっただけになったような気もしますが…。

ガーディアンズオブギャラクシーについての愛は伝わったと思うので、良いかな…(笑)

公開、楽しみですねー、ぜひ皆さんもベイビーグルートを愛でましょう!!!


にほんブログ村 映画ブログへ
ランキング参加中です♪よろしければポチりお願いします( ´ސު`)

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする