切り絵とレジンで【海月と鳥のブックマーカー】メイキング

どうもこんにちはー、ちびぞうです(*’ω’*)

前回の記事に引き続き、切り絵をレジンで閉じたブックマーカー(栞)のメイキングをしていきたいと思います!

完成品はいつもお世話になっている家族にプレゼント。その人の好きなモチーフやら何やらを盛り込みます。

今回は、前回の映画モチーフと違ってデザインは完全オリジナルということになりますね~。

では早速!

sponsored link




下絵を描く

表が黒、裏が城になっている切り絵用の紙を使います。

10cm×3.5cmの四角を定規で書きます。「クラゲは白抜き」のメモがありますね(笑)
白抜きする予定だったのか・・・

クラゲの頭?胴体?の部分を描いていきます。2桶います。

クラゲの糸のように長い足?紐?の先に、鳥を配置。

危うく写真を撮り忘れるところでした!ペンでなぞったら下絵は完成です!

ほとんど、四角の線を無視したデザインになってしまったのでふちの存在を四隅にちょっとだけ描きます。そしてそこと繋げるために月と星を付けたしました。

切り始める

切りやすいように、紙から絵を切り離します。

そして真ん中の方からふちへ向かって切っていきます。

大きい空白も一気に切り取るのではなく、切った部分が邪魔にならないように切り落としながら少しずつ切っていきます。

下のクラゲの形が見えてきました!

鳥の頭も見えてきましたね。

切り終わりました!

月と星、鳥がいるので、クラゲが飛ぶ空というイメージでしょうか。

細さが分かるように手に乗せて撮影。

レジンで紙と接着!

今回はこちらの不思議な紙を使います!

表面は少し紙自体のデザインが主張してくるので、切り絵の線が見辛くなるかな?と思い、裏面を使う事にしました。

こっちが裏面。

レジンをだらだらと垂らします!ハケで丁寧に伸ばして・・・

硬化!!!

今回は、反り対策として「ビニールで挟んで硬化する」という方法を取ってみました。

ビニールとレジンはくっつかないので、二枚のビニールで挟んで硬化しても固まった後で剥がすことができるんです。

重ねたビニールをテープで留めれば反りもある程度抑えられるし、何より少量のレジンでも全体に広げられるのでオススメ。
それからこれは切り絵に限ったことですが、前回の記事の時のように切り絵の細く切った先端がレジンから飛び出して表面がトゲトゲしてしまう・・・というのもビニールで押さえて固めることで防げるので良かったかな、と。

完成!

切り絵のサイズより一回り大きく台紙を切ってレジンで固めたので最終的に四隅をカット・・・したんですが、レジンが数ミリの厚みでも固まるとめちゃめちゃ硬くてカッターでも切り落とすのが大変です!!!

なので、レジンの厚みを考えると出来るだけ最初に完璧なサイズで作っておいた方がいいかな。

でも余りをカットすると端が綺麗になるので、一長一短かなぁとは思いますがー。難しいところ。

四隅も、触って痛くないようにハサミでカットして出来上がり。

紙×紙の温かみをレジンで閉じ込めることができました(*’ω’*)


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする