ニコ生『霧雨が降る森』最後のエンディング/攻略・レポPart-Last

どうもこんばんは、こんにちは!ちびぞうでーーーーす。

前回の記事(ニコ生『霧雨が降る森』エンディング回収④/攻略・レポPart6‐Last)から年を跨いでしまいましたが・・・。ようやく!全てのエンディングをコンプリートすることができました!!!

前回の放送の最後でヒントを下さった方、本当にありがとうございました・・・

では早速行きましょう!

sponsored link




最後の分岐ポイント

須賀さんが子どもたちの霊をアレする直前のセーブから始めます。

白い子どもの霊に、「夜光石の宝玉を取りに行くと、大切な人を守れるよ!」とヒントをもらった直後ですね。

そう!最後の分岐は前回の記事で書いた通り、

  • 白い子どもと「ことりおばけを」再会させる時に、宝玉を持っているかどうか

ここがポイントでした!!

ベストエンディングを回収した時は宝玉を持っていたので、最後のエンディングは持っていない状態で行きたいと思います!

このあと、上記のポイントへ向かうところまでは過去に書いた流れのままなのでスキップスキップ。

エンディングまでの流れ

宝玉を持たずに「ひしめくような無数の声」の奥に進みます。

シオリちゃんの最後の思い出を観る。

シオリちゃんと須賀さんの再会のシーンを見る。

二人で人工洞窟へ向かう。

図書室の机のはりついた本から鍵を入手する。

一旦外に出て鍵を使い上の部屋に入る。

白い子どもの霊を解放する。

白い子どもと「ことりおばけ」が再会する。

エンディングへ!

エンディング3の始まり

ここからネタバレ注意です!!!

こちらの記事(ニコ生『霧雨が降る森』エンディング回収④/攻略・レポPart6‐3)で白い子どもと再会し浄化された「ことりおばけ」。そこへ今まで「ことりおばけ」が殺してきた子どもたちの霊が襲ってくる場面。ここから分岐します。

何度見ても切ないですよね。

宝玉がないので、襲ってくる霊たちを退けることが出来ません!!

―― にげて

―― おかあさん おかあさん おかあさん もう だめ だめ だめ だめ

―― だから、にげて にげて!

―― きみたちは はやく ここからにげて!

シオリ「・・・そんな・・・、でも・・・!」

―― にげて じゃないと つぎは 君が

どうすることも出来ないと判断したのか須賀さんがシオリちゃんを連れて図書室へと逃げます。

シオリ「・・・っ、どうして・・・っ」

―― ドコニ 行クノ?

―― 君 ハ 僕 タチ ト 一緒 ニ ナルノニ

―― 僕タチ ノ オ 姉 チャン

シオリ「・・・声がする・・・子供たちが私を呼んでる・・・」

ドアの向こうでは扉を開けようとする音やら(おそらく「ことりおばけ」の?)悲鳴が聞こえてきます。

―― 怖イ コワイ コワイ コワイ!

―― オマエ ガ イナケレバ ヨカッタ ! オマエ ガ コワイ コワイ コワイ !

―― オマエ ガ ジャマ ダ ! 渡セ 渡セ 渡セ 渡セ!

絶体絶命ーーーー!と思ったところで、望月巡査の登場です!

――おい!誰かいるのか!?

シオリ「・・・!この声は、望月巡査!須賀君!行こう!」

ここで一瞬二人を操作できますが、多分もうここから分岐とかはないでしょう・・・素直に左側の階段の方へ向かいます。

――天井の出口が開かれている。

シオリ「ここです!ここにいます!」

佐久間「お姉さん!?やっぱりここだったんだ!望月巡査、早く・・・!早く二人を上に!」

望月「おお!わかった!お前たち、大丈夫か!?」

シオリ「・・・はい!」

佐久間「望月巡査、早く・・・!早くしないと、お姉ちゃんが危ない!」

望月「よし!今、登るものを持ってきてやるからな!」

~エピローグ~

特に上がってからの会話もないままエピローグに突入。

――私たちは無事に森から脱出することができた。

しかし、あれからどれだけたっても、私の耳にあの子ども達の声が響き続けた。「ことりおばけ」とは違う、無垢で残酷な声が私の耳を、心を、追いかけてくる。

そんな中、佐久間ちゃんが言った。

「――今度は、子ども達がお姉さんを呼んでいるの。お姉さんが”欲しい”って。森の奥からずっと、呼んでいる・・・。・・・でも、子ども達は管理人を怖がっているから だから、森からは出てこれない」

真っ青な顔をしてそう言う佐久間ちゃんを見るとそれが嘘だとは思えなかった。

そして、今回の件についての事情聴取が終わった頃。私は、須賀くんと新たな『約束』を交わした。

――”もう、二度とこの村に近寄らない”

そんな、新しい『約束』。

――あの人は、子ども達の霊を外に出さない為にこれから先、ずっとあの資料館に居るのだという。

だから、私は近寄ってはいけないのだと。

いくら私が「だめだ、嫌だ」と言っても、須賀くんは聞いてくれなかった。

『今までと、何も変わらないから大丈夫』

彼は、メモにそれだけ書いて私に渡すと もう・・・何も答えてくれなかった。

――どうしようもない、息苦しさを覚えたまま・・・私は家路についた。

この村の記憶も、あの森での出来事も 須賀くんのことも・・・決して忘れることはない。いくら懐かしんでも、悔やんでも。

もう、二度と、私があの村を訪れることはない。あの資料館でたった一人のこされた彼がせめて穏やかに、過ごせることを

――願うしか、私にはできないのだ。

はい!!!お疲れさまでした!!!!

ED3『約束の番人』、回収です!

そしてこれをもって全てのエンディングを回収となります!!!

まとめ

霧雨の実況も今回でおしまいとなります。長々とお付き合いいただきありがとうございました。

このゲームは謎解きはさほど難しくなく、ストーリーが非常に良いゲームでしたね。「ベストエンディングが一番いい!」というわけでもなく、全てをコンプしてみて、それぞれがお気に入りのエンディングを見つける、という事が出来るゲームだと思います。

ちなみにちびぞうのお気に入りエンドは

『エンド2 消えた約束』

ですかね。二人で戻ったけれども、須賀さんの手によってシオリちゃんの記憶が消されてしまうと言う・・・個人的に一番切ないエンディングでした・・・。

さて!次回からはフリーゲームの域を出て「Steam」のゲームをやっていきたいと思います!

お暇な方はぜひ放送にも一度遊びに来てくださいましー!(*’ω’*)


にほんブログ村 ゲームブログへ

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする