女性同士の恋愛を描いた映画『アンダー・ハー・マウス』ネタバレ&感想

”愛は縛れない”

ちょくちょくLGBT関連の映画も観ているちびぞうです。今回は女性同士の恋愛を描いた作品。

レズビアンやトランスジェンダーの映画と言えば『ボーイズ・ドント・クライ』『アデル、ブルーは熱い色』『キャロル』などありますねー。ちびぞうはそれ系の作品ならば海外ドラマの『Lの世界』が一番のお気に入りです!

視線で恋する女性同士の青春ラブ映画『アデル、ブルーは熱い色』ネタバレなし感想
あの時から、生きることは歓びとなった―――。 こちらも、ちびぞうが過去に観た作品を記録しておこうのコーナー。 最近レンタルで...

主演は、ユニセックスな見た目で女性ながら初の男性モデルをこなしたことでも注目されている「VOGUE」や「ELLE」のモデル、エリカ・リンダ―若かりし日のエドワード・ファーロング、亡きリヴァー・フェニックスなんかによく雰囲気が似ている超絶イケメンな女優さんです。

公式サイトはこちら

sponsored link




【映画情報】

【原題】Below Her Mouth
【制作国】カナダ
【監督】エイプリル・マレン
【脚本】ステファニー・ファブリッツィ
【製作】メリッサ・コフラン
【撮影】マヤ・バンコビック
【美術】フェイ・マレン
【衣装】ゼイナ・エスメイル
【編集】ミシェル・シェンバーグ
【音楽】ノイア
【出演([]内は役名)】

  • エリカ・リンダ―[ダラス]
  • ナタリー・クリル[ジャスミン]
  • セバスチャン・ピゴット[ライル]
  • メイコ・ニュイエン

【公開日(日本)】2017年10月7日
【上映時間】92分
【配給】シンカ
【映倫区分】R18+
【IMDB】5.6/10.0  (およそ4,520人の評価)

【あらすじ】

心身ともにたくましく、昼間は大工として働くダラスは、夜ごと違う女性と関係を持つという奔放な日常を送りながら、自身の居場所を探していた。ある週末の夜、ダラスはバーの片隅で、ファッション誌の編集者として成功するキャリアウーマンのジャスミンと出会う。情熱的に絡み合い、お互いの愛を確かめ合った2人の時間は永遠のものと思われた。しかし、ジャスミンには結婚を約束した男性がおり、その男性の存在が、ダラスとジャスミンの行く末を遮る大きな障壁となる。【引用元:映画.com

【感想(ネタバレしているよ!)】

☆2.4/5.0

んんんんんんー!こ、これは「普通に面白い」よりちょっぴり下な感じ…

主演のダラスを演じるエリカ・リンダ―は本当にイケメンなのですが…脚本と演出がちょっと…

おおまかなストーリー

あらすじ読んでもらったらあとは特に書くことないなって感じなんですが。

基本的に、ストレートのカップル(婚約中で同棲中)の彼女の方(ジャスミン)をダラスが寝取る形になります。

で、彼氏が仕事の都合で何日か家を空けている間に二人の愛は燃え上がり、あと少しで彼が帰ってくるのよ、というタイミングでもその彼氏とのおうちのバスルームで行為に及ぶ…

そこへ帰ってきた彼氏が鉢合わせ!浮気現場を目撃されてダラスとの関係は破綻。

彼に「別れて来い」と言われて別れるジャスミンとダラスですが…

最終的に彼氏とやり直そうと努力はしたものの、ジャスミンの心からダラスを消すことは出来ず。

ラストシーンは海辺でコーヒー片手に逢瀬する二人のシーンで、

ジャスミン「同僚にあなたのことを話したわ」
ダラス「何を?」
ジャスミン「全てを」

というやりとりをして、映画は終了。

これ系の映画には珍しい、ハッピーエンドです。

どこが微妙だったのか?

一番に思うのは監督がレズビアンの世界を「リアルに描きたい」と言っていたにも関わらず、そこに本当にリアルさはあったのか?という点。どうしても、観客の多くを占めるであろうストレート(特に男性)の人たちの視線を意識して作られていると思うんです。

  • エロシーンの無駄な多さ
    考えてみてもください。普通の男女の恋愛ものなら、数分間に及ぶ性行為のシーンを3回も4回も挟みますかね?いやいや、ポルノじゃないんだからちょっとしつこいよ…と思ったのが正直な感想。
  • ジャスミンに潜在的なビアンの素質があったと匂わせる演出
    オープニングで、ジャスミンが彼氏の爪にマニキュアを塗って怒られる、という場面があります。これは無意識に恋人に女性的なものを求めている、という事の暗喩だと思われます。更に、ダラスに対し「ジャスミンはかつて幼いころに女友達とキスをしてイチャ付いた事があり、その場面を母親に目撃され激怒されてその女友達とは2度と会えないようにされてしまった。その後は男性と付き合え、としつこく言われてその通りにした…」と過去を語るシーンまであります。
    これらはまさに、「ジャスミンには”元々”ビアンの素質があった」と匂わせると同時に「普通の女が突然ビアンに落ちるはずはない」と観客を安心させるための演出だなとちびぞうは感じました。いや、別にストレートの女性が突然素敵な女性に恋することだってあるかもしれないじゃないですか!元々そのケがあったって匂わすというか、同性に恋することに理由が必要だって思ってるところがもうね、なんか残念なんですよね。(理由があった方が分かりやすいのはあるかもだけど。男女の恋愛で”私は昔から男の人が気になってて…”なんて説明が必要ないのと同じで、余計な演出だと思うんですよね)

以上が一番気になったところ!

それと主人公がビアンだという点を抜いて考えると(普通に男女モノとして見ると)、ただ浮気相手に走るだけ、みたいな単純な脚本も気になりましたね。。

まとめ

エリカ・リンダ―のユニセックスな魅力を堪能しよう!

とそれくらいですね!

こういう映画をお好きな方には毎度オススメしている海外ドラマ『Lの世界』を今回もオススメしておきます!!(笑)


にほんブログ村 映画ブログへ

画像引用元:映画.com / IMDB

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする