これぞ紳士!映画『キングスマン』感想。新感覚スパイムービー

Manners Maketh Man.

マナーが紳士を作る。

『キック・アス』のマシュー・ヴォーン監督が送る新感覚な紳士がスパイなアクションムービー!!

劇場で観て良かった!そんな風に思える映画に出逢えるって本当に幸せな事ですよね^^*もちろん、ハマってしまった私はDVDも購入しちゃいました★

パンフレットはこのような感じです!

シンプル!!!かつコンパクトで、マットな紙にシルバーの光沢。

キングスマンがポケットに忍ばせているマナーブック(そんな物があるかは分かりませんが笑)のようなオシャレさと格好良さを兼ね備えたデザインになっています。

価格は税抜き667円。かなり高評価で流行った作品だと思うのですが、やはりあまり大作扱いではなかったようですね~

sponsored link




【映画情報】

【原題】Kingsman: The Secret Service
【制作国】イギリス
【監督】マシュー・ヴォーン
【脚本】ジェーン・ゴールドマン/マシュー・ヴォーン
【音楽】ヘンリー・ジャックマン/マシュー・マージェソン
【出演】コリン・ファース、サミュエル・L・ジャクソン、マーク・ストロング、タロン・エガートン、マイケル・ケイン
【公開日(日本)】2015年9月11日
【上映時間】129分
【配給】KADOKAWA
【IMDb】★7.7/10.0

【あらすじ】

ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、実はいかなる国の干渉も受けない屈指のエリートスパイ集団だった。ブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリー(コリン・ファース)もその一人で、日々極秘任務の遂行に務めていた。そんなある日、仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良少年エグジー(タロン・エガートン)をスカウトする。【引用元:シネマトゥデイ

【感想】

★4.6/5.0!!

大好きです!!この映画!!間違いなく2015年に鑑賞した映画ベスト5に食い込みます!!

CMで観た時から、「なんてスタイリッシュなんだろう!」とワクワクが止まりませんでしたが・・・実際観てみると

期待以上でした!!

主人公のエグジー(タロン・エガートン)よりも、ハリー(コリン・ファース)の紳士っぷり・エレガントな闘いっぷりに女性陣はめろめろになること間違い無しです(笑)

カッコいいポイント!
  1. スーツ、靴、メガネ、傘…ネクタイなどのファッション・小物がとにかく洗練されています!
  2. 傘を武器にしちゃう!万年筆を武器にしちゃう!クールなアイテム達に秘密の使い道が!!
  3. 心意気がカッコいい。「マナーが紳士を作る」とはとても心に残る名言です!
  4. アクションシーンが最高にカッコいい!!やっぱりこれに付きます!アクション指導に、パルクールの要素も含まれているようで、とても新鮮でアクロバティックな戦闘シーンが観れます!!^^

特に教会での戦闘シーンは鳥肌モノです。何十人もの敵とハリーが一人で戦うんですが、もう画面も騒がしいし人も入り乱れるしで、まさに大乱闘(笑)

しかも!!

なんとそのシーンはワンカットで撮影されたとか…信じられません。必見です。

マイナスポイント?

うーん中盤でのエグジーの育成ポイント(スクールでの教育場面)、もう少し強くなっていく過程をきちんと描いていて欲しかったですね~…そうすれば後半エグジーが「オレつぇえ!!」を発揮しても、自然に観れたと思います。

それから、後半での威風堂々に合わせた花火のシーン(笑)これは結構笑えたという意見を多く聞いたんですが…個人的には唖然!として観てしまいました(そうか笑うところだったのね)

別に私は苦手だったわけではありませんが、なんとなく反応に困ってしまいました(笑)

まとめ!

上記のマイナスポイントを差し引いても十分に楽しめる楽しい・カッコいい・キュンキュンしてしまう!映画でした。

それからサミュエル・L・ジャクソンの悪役もいい味出してましたよ~、マイケルケインなんかの渋い助演さんにも注目です!


にほんブログ村 映画ブログへ
ランキング参加中です♪よろしければポチりお願いします( ´ސު`)

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする