終わりと新たな出発。映画『アイアンマン3』ネタバレ&感想

「私はアイアンマンだ」

MCU作品をおさらいしようのコーナー!!!前回の『アベンジャーズ』でフェイズ1(シーズン1みたいなもの)が終了し、今作でフェイズ2がスタート!!

アイアンマンの単品シリーズでは4の予定はいまだ未定なので、実質こちらでおしまいになる感じでしょうかね。でも個人的には一区切りにするには良い作品だな、と思っています。

ちなみにストーリー的に、『アベンジャーズ』の戦いでこうなったああなった、という後日談的な感じになっているので、出来ればそちらも観ておいた方がいいですね。

パンフはこんな感じ!

ペッパーがデカデカと表紙を飾っているのも嬉しい!!
46Pで税込み700円はお得!!!!しかも、今まで登場したアイアンマンスーツのまとめページなんかも載っていてすごく嬉しいです!!!

sponsored link




【映画情報】

【原題】Iron Man 3
【制作国】アメリカ
【監督】シェーン・ブラック
【脚本】シェーン・ブラック、ドリュー・ピアース
【製作】ケヴィン・ファイギ
【製作総指揮】スタン・リー、スティーヴン・ブルサード、ジョン・ファブロー、ルイス・デスポジート、チャールズ・ニューワース、ビクトリア・アロンソ、アラン・ファイン、ダン・ミンツ
【プロダクション・デザイン】ビル・ブルゼスキー
【衣装デザイナー】ルイーズ・フログリー
【撮影】ジョン・トール,ASC
【視覚効果監修】クリストファー・タウンゼント
【キャスティング】サラ・ハリー・フィン,C.S.A
【編集】ジェフリー・フォード,A.C.E、ピーター・S・エリオット
【音楽監修】デイヴ・ジョーダン
【音楽】ブライアン・タイラー
【出演([]内は役名)】

  • ロバート・ダウニー・Jr.[トニー・スターク/アイアンマン]

  • グウィネス・パルトロウ[ペッパー・ポッツ]

  • ドン・チードル[ジェームズ・ローズ(ローディ)/ウォーマシン(アイアン・パトリオット)]

  • ガイ・ピアース[アルドリッチ・キリアン]

  • レベッカ・ホール[マヤ・ハンセン]

  • ジェームズ・バッジ・デール[エリック・サヴィン]

  • ジョン・ファブロー[ハッピー・ホーガン]

  • ベン・キングスレー[マンダリン]

  • ステファニー・ショスタク[ブラント]

【公開日(日本)】2013年4月26日
【上映時間】131分
【配給】ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
【映倫区分】G
【アイアンマン前作】
【MCU前作】マーベルのお祭り映画はじまるよ!『アベンジャーズ』ネタバレ&感想
【MCU次作】マイティ・ソー/ダーク・ワールド
【IMDB】7.2/10.0  (およそ625,021人の評価)

【あらすじ】

人類滅亡の危機を救ったアベンジャーズの戦いから1年、トニー・スタークはアイアンマンスーツのさらなる開発に没頭していたが、合衆国政府は国家の命運をヒーローという個人の力にゆだねることを危惧していた。そんな時、謎のテロリスト、マンダリンが動き出し、その壮絶な攻撃の前にトニーは全てを失ってしまう。【引用元:映画.com

【感想(ネタバレしているよ!)】

☆3.6/5.0

今作のメインテーマは、「アイアンマンスーツはアイアンマンにとっての何か?」というもの。

スーツがいればそこにトニーはいるのか、いないのか。
スーツがなければヒーローではなくただの人なのか。誰が着てもスーツさえあれば「アイアンマン」たり得るのか。

それとも、トニーが着るからこその「アイアンマン」なのか。

こういったメインのテーマがあってこその今作。

アベンジャーズでの戦いで心にトラウマを負ってしまったトニーが、スーツ依存からどう立ち直るか、スーツがヒーローなのではなく、己自身がヒーローなのだと言うことにどのように気付いていくか?

こういった部分にぜひ注目して観ていって欲しい!!

おおまかなストーリー

物語はトニー(社長)のモノローグで始まり、モノローグで終わります。つまり3全体が、社長の過去の回想シーンみたいなものですね。

まず13年前の年越しにスイスで(社長がアイアンマンになる前の話)、美人植物学者ハンセン博士と一夜を共にした日のエピソードが語られる。この日、トニーに「自分の話を聞いて下さい!」と言ってきたみすぼらしい男(科学者)を軽くあしらい「屋上で会おう」なんて嘘の約束を取り付けて屋上で待ちぼうけさせたんですよね・・・ほんとクズ・・・社長・・・。(この自業自得感が『美女と野獣』の野獣が追い出した魔女によって呪いをかけられるって展開に似てますよね笑)そういえばここに、『アイアンマン』に出てきたインセン博士もチラッと出てきますよ!

そして、このみすぼらしい男(アルドリッチ・キリアン)こそが今回のヴィラン、マンダリンを生むこととなる!

彼は屋上で誰にも相手にされていない自分の存在の薄さを悟った。そして、闇落ち。
「誰にとっても存在していないからこそ、裏で手を引き、世界を牛耳ろう」
なんて考えたのである。まぁほんとは小馬鹿にしてきた社長に復讐したいだけだけどね。
そして彼は社長に「ソーみたいな神様が出てきたあとでは、世界的なテロでも起こさないと目立てない」とか言っている。どんな理由でテロしてんの!!(笑)

13年後、現在。キリアンは見た目もイケメンになり、ハンセン博士の研究していた”免疫細胞を活性化させて自己治癒力を高める薬?(しかし上手く適合しないと爆発してしまう)”という薬を使って不死身かってくらい治癒力が高くしかも鉄も溶かせるくらい熱くなったり口から火を吹いたり出来るスーパーボデーを手に入れた!仲間にする人にもちょくちょくその薬を打って適合するかどうか試していた。そして適合しない人が爆発したのを隠蔽するために

架空のテロリスト”マンダリン”をでっち上げ、そいつのテロ攻撃に見せかける事にしたのである・・・。

キリアンはAIM(エイム)という会社の重役としてスタークインダストリーズにやってくる。どうもペッパーの昔の知り合い?っぽい雰囲気なんだけどそこの伏線は回収されないので実際どうなのかは不明。
そしてそのキリアンを怪しんだハッピーが彼らを尾行、マンダリンのテロに巻き込まれて瀕死の重傷を負ってしまう。

かたや社長は『アベンジャーズ』の戦い以降、眠れなくなっていた。せっかくペッパーと同棲を始めたのに、彼女が寝てから夜な夜な機械いじりをして過ごしていた。そして、自分の腕にマイクロチップを埋め込み、遠隔操作でスーツを自分の元へ飛ばして装着したり、もしくは自分は中には入らず、空のアイアンマンを遠隔操作して戦わせることもできるようになっていた!

ハッピーが怪我をしたことで社長も立ち上がり、マンダリンの本部へ向かおうとする!そこはイラクでもパキスタンでもなく、アメリカのテネシー州だった!!

しかし、マンダリンをテレビで挑発し自分の家の住所も公開してしまったため、自宅が崩壊して海の藻屑と化すような攻撃を受けてしまう。(本当に社長・・・アホ・・・)

ボロボロになったマーク42が飛んだ先は、近々行く予定だったテネシー州。ジャーヴィスも調子が悪くなって、スーツが使えなくなってしまう。

そこで出会ったのはハーレーという名前の男の子。発明が好きでいじめられっこな彼と交流する中で、社長は大切なことを思い出す。

「トニーはメカニックなんでしょ?だったら何か別の作れば?」
マーク42の充電が終わらず、使えない事でパニックに陥った社長は、この一言で落ち着きを取り戻す。スーツがなくたって、手に入るもので武器を作ればいい。アイアンマンで見せてくれた社長の閃きと武器作りが、再びここでも見れる!初心に帰るってこういうことです!!

ホームセンターで買ったもので武器を作り、マンダリンの本拠地に忍び込む社長!
マンダリンの正体はただの役者で、キリアンがでっち上げたものだと気付く!社長に勝ちたいキリアンは「トロフィー」と称してペッパーを誘拐し例の薬を打ちこむし、キリアンの部下は次のテロは総理大臣を殺すことだ!と誘拐するし、ウォーマシンの新バージョン「アイアン・パトリオット」も奪われてもうてんやわんや。

最終バトルは油田コンビナート?
社長が夜な夜な機械いじりをしていた時に作った、様々な種類のアイアンマンが勢ぞろいして、アツいバトルを繰り広げ、最後はキリアンにアイアンスーツを着せて自爆させる、という方法で攻撃。
それでも死なないキリアンにとどめを刺したのはなんと、スーツを着たペッパーだった!!!

スーツ依存とトラウマを克服した社長は、”新たな出発”としてスーツを空中で爆発させる花火をペッパーに見せる。

再び社長のモノローグ。
ペッパーの体は社長の発明で治してあげたこと、そして自分も手術で心臓の近くに入ったままだった金属の欠片を取り除き、胸のアークリアクターを海に投げ捨てたという事が語られて、映画は終わる。あ、ハッピーも目を覚まします!

エンドロール後の映像で、今までの社長の語りは全てブルース・バナー博士(ハルク)に語り聞かせていた内容だった。ということが明らかになる!しかしバナー博士はスイスのくだりで寝てしまってほとんど話を聞いていなかったよ、というオチ。微笑ましいですね(笑)

今作で登場するパワードスーツ

マーク42

今作のメインスーツ!
社長の腕に埋め込まれたマイクロチップにより、自動装着や遠隔操作が可能!今回、このスーツを操り飛行機から落下した13名を空中で救うシーンがすごくカッコいいです!!

アイアン・レギオン/リージョン(アイアン軍団)

ラストバトルで大量に現れた~41までのアイアンマンたち。

イゴール

アイアン・レギオンのうち、社長が名前を呼んでいたもののうちの一体。
猫背になっていて、上から落ちてくる鉄骨などを背中部分で支える機能を見せていました。

ハートブレイカー

こちらも名前が呼ばれていましたね。ビーム特化でバリアも張れるらしい!

アイアン・パトリオット

ローディの着ている”ウォーマシン”の名前が良くないってことで、「鋼鉄の愛国者」と改名され色も国旗の赤・白・青に塗り替えられています。
しかし、この改名劇を裏で仕組んだのもエイムのキリアン。後半、アイアン・パトリオットは敵によって奪われてしまう事に。

ここがよい!!

今回の大きなテーマである「スーツはヒーローのオマケである」ということを社長自身が気付くことで「スーツ依存」から抜け出し、自分自身の力だったり、能力を再確認して自信を取り戻すことが出来た・・・という流れがとっても好きです。

私がアイアンマンを好きなのは、あくまでも「自分の力でヒーローになった」という点。一作目の感想でも語ったかもしれませんが、鉄くず集めて自分の頭脳を頼りにパワードスーツを作った社長自身が誰よりも凄いのであって、強いヒーローなんですよね、

だからその根本的なところを振り返ってくれたのがすごく嬉しかった。

私は社長の「人間的な弱さ」も大好きなので、戦いのトラウマでパニックになってしまったり不眠になる社長もかなり愛しかった。それでもまた、その辛さを乗り越えて、アークリアクターに支えられなくても生きていける”普通の人間”になったところもすごく良かったです。

(今までのままの社長でいつつも、自分の状態を素直にペッパーに打ち明けられるようになった社長は、以前より明らかに成長しているんですよね。そういう些細な変化が見れるのも嬉しい)

そして、その「スーツに頼らないぞ!!」というのを見せつけるかのような

スーツ無しのバトルシーン

がすっごく豊富なんですよ。敵に追い詰められた飲食店内で酒や電子レンジの力を使って爆発を起こしたり、ホームセンターで買ったもので作った武器で敵を倒していったり、スーツを着てても手や足の先だけだったりと不完全で、社長の姿が丸見えだったりするんです。

今回、スーツを遠隔操作出来るようになったから、観客の目から見ても「この中に社長は入っているの?別の誰かだったり、空なんじゃないの?」と疑いの目で見られてしまう。

だからこそ多分、スーツ無しだったり、中身が見える状態での社長の活躍シーンを多めにしたかったんじゃないかなぁ。それで社長の強さというか凄さも再確認出来ますしね!

それと、まさかのグウィネス・パルトロウのアクションシーンが見れます(笑)
彼女のファンは必見ですよ!社長もたじたじのアクションを見せてくれますから!!!

まとめ

実は今作、賛否両論っぽいんですよね。

確かに話の筋は結構適当にも見える。

あと、原作コミックのマンダリンというキャラクターはものすごく強いキャラらしくて人気も高いみたいなんです。だから今作のマンダリンが架空の人物で、ただの役者だった・・・みたいなオチは不満に思う人も多い様子。

ちびぞうはコミックは読んでない映画だけのファンなので、そういった部分は気にせず楽しく観る事が出来ました。

おそらく続きは出ないと思うのでこれが最後だと思うんですが、それでも最後にふさわしい終わり方だったなー、と。

MCUの映画シリーズは今後も続くし、アイアンマンも勿論活躍するので、まだ寂しくなるのは早い!!(スパイディの新作でも社長は重要ポジションですしね)

あ、ちなみにアベンジャーズとのかかわりはほとんどなかったです。『アベンジャーズ』から話が繋がっているよっていう部分と、エンドロール後にバナー博士が出てくる2点くらいなので、今回はまとめませんでした。

さて、フェーズ2の2作目は、『マイティ・ソー/ダークワールド』!!!!ロキたんが可愛い回です!楽しみですねー!!


にほんブログ村 映画ブログへ

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする