これぞリーダー!映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』ネタバレ&感想

「敵の見分け方は?」
「撃ってきたら敵」

どうもーちびぞうです。『マイティ・ソー/ダークワールド』からMCUをおさらいしよう!の流れでここまでたどり着きました!!!
キャップの2作目で、MCUとしては9作目に当たります。

二度目の鑑賞のはずなんですけどね、あまりにも内容を覚えておらず。まるで初めての鑑賞のように楽しみました(笑)

本作から新ヒーローの「ファルコン」が登場、活躍します!!

MCU作品のまとめはこちら↓(随時更新)

トリセツ!【映画”アベンジャーズ”世界の歩き方】4/29追記
こんにちは、ちびぞう(@cbz_ewe)です。 2018年春に公開予定の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に合わせて、 ...
sponsored link




【映画情報】

【原題】Captain America: The Winter Soldier
【制作国】アメリカ
【監督】アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
【脚本】クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー
【製作】ケビン・ファイギ
【製作総指揮】ビクトリア・アロンソ、マイケル・グリロ、スタン・リー、アラン・ファイン、ルイス・デスポジート
【撮影】トレント・オパロック
【美術】ピーター・ウェンハム
【編集】ジェフリー・フォード
【衣装】ジュディアナ・マコフスキー
【音楽監修】デイブ・ジョーダン
【音楽】ヘンリー・ジャックマン
【出演([]内は役名)】

  • クリス・エヴァンス[スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ]
  • スカーレット・ヨハンソン[ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ]
  • セバスチャン・スタン[バッキ―・バーンズ/ウィンター・ソルジャー]
  • アンソニー・マッキー[サム・ウィルソン/ファルコン]
  • コビー・スマルダース[マリア・ヒル]
  • フランク・グリロ[ブロック・ラムロウ]
  • エミリー・バンキャンプ[シャロン/エージェント13]
  • ヘイリー・アトウェル[ペギー・カーター]
  • ロバート・レッドフォード[アレクサンダー・ピアース]
  • サミュエル・L・ジャクソン[ニック・フューリー]
  • トビー・ジョーンズ[アーニム・ゾラ]
  • マキシミリアーノ・ヘルナンデス[ジャスパー・シットウェル]
  • ギャリー・シャンドリング[スターン上院議員]
  • ジェニー・アガター[世界安全保障委員会のメンバー]
  • バーナード・ホワイト[〃]
  • チン・ハン[〃]
  • アラン・デイル[〃]
  • アーロン・テイラー=ジョンソン[クイックシルバー]
  • エリザベス・オルセン[スカーレット・ウィッチ]

【公開日(日本)】2014年4月19日
【上映時間】136分
【配給】ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
【映倫区分】G
【キャプテン・アメリカ前作】キャップ誕生!映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ&感想
【キャプテン・アメリカ次作】シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
【MCU前作】ロキファン必見!映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』ネタバレ&感想
【MCU次作】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
【IMDB】7.8/10.0  (およそ586,000人の評価)

【あらすじ】

ブラック・ウィドウやニック・フューリーらとともに、国際平和維持組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」の一員として任務の数々にあたっていたキャプテン・アメリカは、仲間であるはずのシールドから襲撃され、誰が本当の敵なのかわからないまま逃亡者となる。そんなキャプテン・アメリカを最強の暗殺者ウィンター・ソルジャーが追いつめるが、その姿は70年前に死んだはずの親友バッキー・バーンズのものだった。【引用元:映画.com

【感想(ネタバレもしてるよ!)】

☆3.0/5.0

なんで初回鑑賞時の私は内容を覚えてなかったんだろう!!!面白いじゃないか!!!

脚本もアクションもよくて、キャップがいかにリーダーにふさわしいかが描かれていた本作でした。

おおまかなストーリー

退役軍人省にいるサムとマラソンで仲良くなるキャップのシーンから始まる。

アルジェリア人がシールドの船を襲った件で救出任務に当たるキャップとブラックウィドウ。
しかし、ブラックウィドウだけ別の任務についていた事に不信感を覚えたキャップは”情報の共有”を長官に求められるもなだめられてしまう。

シールドはインサイト計画という、巨大戦闘機ヘリキャリア三隻と衛星をリンクさせて敵を攻撃出来る兵器の開発を行っていた。

キャップが自分をテーマに作られた博物館に行ったり、おばあさんになったマギーとお話するシーンが挟まれる。切ない。このシーンは本当はファースト・アベンジャーの方に差し込まれる予定だったけどカットされたらしいですね。

シールドのファイルが開けなくなっている(権限が奪われている)事に危機を察した長官はインサイト計画を遅らせることをピアース理事に提案。
車で移動中、警官車両に扮した敵に襲われる長官。謎のエージェントにも攻撃される!長官はキャップの家に逃げ込むがそこにも追手が来て撃たれてしまい最後に「誰も信用するな」と言い残して死んでしまう。

ピアース理事に呼び出されるキャップ。
船を襲わせたのは長官だったと言われるけど信用しないキャップ。

なぜかシールドから逃亡者として追われる事になるキャップ。ナターシャと合流して一緒に逃げる。長官が死ぬ前に渡してくれたUSBが示していた場所に向かうと、そこはシールドの秘密基地だった。
そこにいたのは機械に意識をコピーして生き永らえたヒドラのゾラ博士だった。
ゾラ博士からヒドラは消滅したかのように見えてシールドの中でひそかに育っていたという話を聞かされるキャップとナターシャ。
ゾラの開発したアルゴリズムであらゆる人間の過去の情報を漁りそこから未来のヒドラの脅威となる人物を予想、それらの人々を先に殺してしまおう、というのがインサイト計画の真の目的だった。さらにその首謀者はピアース理事、ウィンターソルジャーという暗殺者を裏で操っているのも理事だった。

キャップとナターシャは退役軍人のサムのところへ逃げ、実はファルコンだったサムを仲間に加えてシールド本部に乗り込み、インサイト計画を阻止しようと戦いを開始!そこに実は生きていた長官(死んでいたというのは見せかけだった)も作戦に加わる!

ウィンターソルジャーが70年前に死んだと思っていたキャップの親友バッキーだという事に気付いたキャップは記憶を失っているらしき彼に思い出させようと奮闘する。
ヘリキャリアの狙いを人間たちから、お互いの機体を撃たせ合わせるように照準を変更。落ち行く機体に挟まっているバッキーを助け、海へと落ちるキャップ。

海に落ちたキャップをバッキーが救う。

全てが終わり、アベンジャーズがシールドを崩壊させたと責任を問われるも、ナターシャが
「確かに危機を招いたのは私たち。だけどそれに対処できるのも私たちだけ。逮捕でもなんでもすればいい」とはねのける。

長官は眼帯を燃やし、死んだことになっているので「ヨーロッパへ行く」と旅立ってしまう。

キャップはナターシャからキエフ(ウクライナの首都)の友人からもらったというバッキー(ウィンターソルジャー)についての資料を渡してもらう。

エンドロール中、ヒドラの組織内でのやりとりが描かれる。まだまだヒドラの残党は沢山いるらしい。なぜか手に入れているロキの杖を使っての実験?で成功したという双子(高速移動する男と念力を使う女)が映し出される。

エンドロール後のおまけ映像は、博物館内のキャップ記念館で自分の展示パネルを読むバッキーの姿。

アベンジャーズとの関り

  • インサイト計画のヘリキャリア開発にはトニー(アイアンマン)も携わったという発言がある
  • インサイト計画を遅らせて欲しいと言った長官に、理事が「その代わり姪っ子の誕生日にアイアンマンを呼んでくれ」「空を飛ばすだけじゃだめだぞ」と言うシーンがある
  • ファルコン初登場!!!!
  • ロキの杖がヒドラの手に渡っている(シールド内にヒドラの人間が浸透していたため)
  • エンドロールの双子がスカーレット・ウィッチとクイックシルバー
    (ややこしいですがX-MENシリーズに登場するクイックシルバーとは別人です)

キャップがシールドに所属しているので、アベンジャーズとの関りは一番深いですね。キャップの物語はアベンジャーズを追いかけるなら必要不可欠。って感じ。

良かったところ!

追跡装置のついてるUSBをけっこう気軽に差しちゃうなぁ、とか、ロバート・レッドフォード扮する理事が悪役だということがわりと簡単にわかっちゃう、とか、ヘリキャリアの強制発射を武装チームの人も出来ちゃうなら技術者いらないじゃんんんん、とか色々とツッコミどころもあったんですけども、良かったところも沢山あった!!

  • キャップの肉体の強靭さがよく分かる!!
    それはさすがに痛い!!!って思うシーンが沢山ありました。高所から落ちて盾だけを下敷きに地面に叩きつけられるシーンとか。アクションシーンがとにかくすごい。
  • キャップのリーダーの素質がよく分かる!!!
    ナターシャが考え込んでいるのを察知して、「なんでもないわ」と言われながらも話を聞こうとする姿勢がさすがリーダー!と思いましたね。仲間の機微に敏感なところもリーダーだなぁ。
    それから、ラストでマイクを使ってシールド全体に危機を知らせるシーンは序盤でフューリー長官がしていた「情報の分割化」とは真逆の作戦で、全てを全員で共有した上で一致団結させるっていうのは素晴らしいし、キャップにしか出来ない事だと思いました。
  • ブラック・ウィドウ(ナターシャ)との逃亡劇が楽しい
    カップルのフリをしたりとか、キスして追手の目をくらますあたり、どんだけ使い古された手を使うんだよ!!!って思うんですけど、それすらキャップには新鮮なのかなって感じが良いですね・・・(笑)それと、ふざけて映画『SAW』の台詞を言ったり、なんとなくナターシャがイキイキしてる感じがしましたね。恋はしてないけど、相当キャップに心許してそう
  • ナターシャとキャップが恋バナしかしてない
    キャップに漂う童貞感(本当にそうなのかは謎だけど)を若干小馬鹿にしてるっぽいナターシャが「女の子とデートしたら?あの子はどう?この子はどう?」と色々すすめてくるところが面白い(笑)他に話すことないんかなって思ってたけど、もしかしたらナターシャはキャップが自分に恋しないように防波堤を作ってたのかもしれないって終盤おもったーーーー。さすが経験豊富な出来る女は気遣い方が違う!!!!ってのもあるけど、今後くるロマンスの伏線(すでに別の人を想っている)なのかもしれません。
  • ちょくちょく同じ言い回しをさせる脚本
    キャップが長官に話した不満の言葉をピアース理事が(盗聴して知っていたんだと思うけど)キャップに話して親近感を持たせようとする場面や、かつてバッキーに言われた「最後まで一緒だ」という台詞を本人に聞かせたり、オープニングでマラソン中にキャップがサムを追い抜いていく時の「左から失礼」と言う台詞をラストで病院で目覚めたキャップがもう一度サムに言ったり、同じセリフを何回か使うという脚本も良い演出になっていました。
  • ラスト10分が良い
    前作でも思ったんですが、キャップの映画はとにかくラスト10分が良いですね。バッキーとのラストバトルは切なさ抜群!!!

まとめ

全体的な物語の流れはありがちなんですけど、思った以上に楽しめる場面が多くてだいぶ満足しました!!

次は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』!!!

エンドロール後に登場する双子はガーディアンズのその次の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で活躍しますのでそれまで覚えておきましょうね(´∀`)


にほんブログ村 映画ブログへ

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする