最凶ファムファタールが誕生。映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』ネタバレ&感想

最狂の恋が僕にやってきたッ!!

元々観る気はそんなになかったんですけども、ちびぞうが最近ハマっている安藤サクラさんが出演なさっているということでね、気楽に観れるラブコメっぽいしレンタルしてみました!

監督は『モテキ』『バクマン。』などの少年・青年漫画の実写化で知られる大根仁。
今作も 渋谷直角の漫画を原作としています。

主演の民生ボーイに妻夫木聡狂わせガールに水原希子、その他リリーフランキー、安藤サクラ、新井浩文などなど、邦画でよく見る実力派俳優さん揃い!キャストにはものすごく安定感ありますね!!

全編通して奥田民生の楽曲が使われているというのも注目ポイント。
元々ミュージックビデオを撮られていた監督さんなので、BGMのチョイスもセンス良いんですよね・・・というのはモテキでも十分分かっているところではありますが!!

sponsored link




【映画情報】

【制作国】日本
【監督/脚本】大根仁
【原作】渋谷直角(同タイトル‐ 扶桑社)
【製作】市川南、中山道彦
【エグゼクティブプロデューサー】山内章弘、金吉唯彦、津嶋敬介
【企画】鈴木俊明、福冨薫
【プロデューサー】平部隆明、市山竜次
【協力プロデューサー】馬場千晃
【撮影】宮本亘
【照明】冨川英伸
【録音】渡辺真司
【美術】都築雄二
【スタイリスト】伊賀大介
【ヘアメイク】細川昌子、吉田佳奈子
【編集】大関泰幸
【音楽】岩崎太整
【音楽プロデューサー】北原京子
【助監督】二宮孝平
【キャスティング】新江佳子
【制作担当】田辺正樹
【出演([]内は役名)】

  • 妻夫木聡[コーロキ・ユウジ]
  • 水原希子[天海あかり]
  • 新井浩文[吉住]
  • 安藤サクラ[美上ゆう]
  • 天海祐希[江藤美希子]
  • リリー・フランキー[倖田シュウ]
  • 松尾スズキ[編集長・木下]
  • 江口のりこ
  • 松本まりか

【公開日(日本)】2017年9月16日
【上映時間】100分
【配給】東宝
【映倫区分】G
【IMDB】5.3/10.0  (およそ75人の評価)

【あらすじ】

奥田民生を崇拝する雑誌編集者を主人公に、全編にわたって奥田民生の楽曲が使用されるラブコメディ。「力まないカッコいい大人」奥田民生に憧れる編集者コーロキが、おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動となった。仕事で出会ったファッションプレスの美女、天海あかりに一目ぼれしたコーロキは、あかりに見合う男になるべく、仕事に精を出し、デートにも必死になる。しかし、やることなすことすべてが空回り。あかりの自由すぎる言動に常に振り回され、コーロキは身も心もボロボロになってしまう。【引用元:映画.com

【感想(ネタバレするよ!)】

☆4.0/5.0

もうね・・・大根仁監督は天才ですかね・・・。

『モテキ』『バクマン。』もすっっっごく好きなんですよちびぞうは!!!そして今作も良かった・・・すごく良かった・・・。

3作好きな作品が来たら、もうこの監督の作品は好きなんだなぁって思ってもいいですよね!!!!?

おおまかなストーリー

狂わせガールのあかりと付き合い出したコーロキ君。

しかし、理想的な彼女だとべた惚れしたあかりは、実は裏で元カレである吉住(コーロキ君の同僚)、更に編集長とも三股状態だった・・・。

それぞれが自分があかりの「本命」だと主張し、ラストで編集長が呼び出した吉住と三人で対面しそこにあかりも加わって修羅場を迎えるわけなんですが・・・そこであかりが言う言葉が本当に痛快というか。

「私は誰の彼女でもないわよ」って(笑)えーーーー!!!

”みんながして欲しそうだなーと思うことを、私はしていただけよ”って。全く悪びれないあかりちゃんの恐ろしさ極まれり。

しかもコーロキ君が「本当のあかりを見せてくれよ!」って言うんですけども

「見せてるよ?コーロキくんの思う私が、本当の私だよ」って・・・。

ガックリしてしまう男性三名。すると編集長が発狂、吉住の顔をザックリX字に切りつけてあかりにも襲い掛かる!危ないところでコーロキ君が後ろから編集長を殴ってあかりを救う。

その後、マレは廃刊、あかりとは連絡がつかなくなったどころか、「天海あかり」という名前の人物すら存在していなかったという。
ラストシーンは三年後。敏腕編集者として成功したコーロキ君は、コラムニストの三上さんとお付き合いしている様子。

タクシーに乗る直前で、フランス人の男と歩くあかりの姿を目撃。

気取らず、憧れの奥田民生のように立ち食いそばを食べながら、かつての自分の幻を見て涙するコーロキ君。

必至に海を泳ぐコーロキくんのバックで奥田民生の「custom」が流れてエンドロール。

めっちゃ泣きました

ラストシーンが最高すぎませんか。

「ラストシーンが最高に泣けてくる映画ベスト10」があったら上位に食い込みますよ!!

立ち食いそばを食べながら、「人がどうしたら喜ぶのか、そういう方法を学んだ。かつて憧れた奥田民生のような生き方を、自分は別の方法で出来るようになったのだ」的なモノローグが流れます。

憧れの生き方をしているはずなのに、なぜか涙してしまう。どうしてなのか?
きっとここに来るまでに大切な何かを失くしてしまったという自覚があったからかもしれません。

この映画は、天海あかりというファムファタール(男にとっての運命の女、または男を破滅させる魔性の女)に振り回されながらも生き方を学んで成長していく男の”青春の終わりの物語”、いわゆる通過儀礼的な、イニシェーション・ラブのお話なんですよね。

青春を運命の女に振り回される洋画と言えば『500日のサマー』とか『最低で最高のサリー』とかありますねー。この映画のあかりは本当に魔性も魔性、存在すら怪しい神秘性のあるキャラクターですからね、上記二本よりよっぽどエグいとは思いますが(笑)方向性としては同じなのかなーと。

ラストの妻夫木君の泣きの演技が最高で、その心情も本当に切なくて、もらい泣き必至です。ちびぞうはこのラストが大好きで、本編を三回くらいは繰り返し観ました(笑)

周回すると気付く細かな演出

京都に一緒に行こうと言ったのに仕事が押してしまい来れなかったコーロキ君の代わりに、あかりは元カレの吉住を京都のホテルへ呼び出します。

そこで吉住は、自分の好きなドラえもんの単行本をあかりに渡し、「本当に最高だから読んで!」と言います。ここのシーンで、吉住が自分の人生に影響を与えるほどドラえもんが好きなんだという事が分かります。対するあかりは、そんなに興味はなさそう。

実はこのシーンより前に、コーロキ君があかりから来たラインを編集長に見せるシーンがあるんですが、そこをよーく見てみると、あかりが「ドラミちゃん」のスタンプを使っているんですよ・・。これ気付いたときはちょっとゾッとしましたね・・・(笑)

おそらく元カレの吉住と付き合っている頃、彼の趣味に合わせてダウンロードしたドラえもんスタンプを使っているんだろうなと思うんですが。
あの時点で吉住とも関係が続いていたかは劇中で明らかになっていないんで分からないんですけど、あれを見ると二人と進行形だったようにも見えますし、完璧に別れていたとしても「元カレ」に対してなんとも思ってない感じが伝わってくるというか・・・怖い。怖いですね。
これが、二周目でないと気付かないかもしれないっていう細かい演出だったので(しかも映るの一瞬)「監督さすがか」と感動してしまいました(笑)

しかも二周目だと嬉しそうで幸せそうなコーロキくんが切ないんですよねぇ・・・

安藤サクラ100%伝説更新中!

すーごいどうでもいい話なんですが、私が今まで観てきた安藤サクラの出演作が「100%面白い!!」という個人的な伝説が続いていまして・・・今作も漏れなく面白かったので伝説更新中!ということですね!

ちなみに過去に観たのは

今後も安藤サクラの作品を追っていきたいと思います!!

ちなみに安藤サクラ以外の役者さんも素晴らしかったですよ。特に水原希子はもう最凶すぎる。

まとめ

奥田民生の楽曲の使い方も最高。今まで一度も奥田民生を聴いたことのないちびぞうも好きになってしまいました。

ただのアホなギャグラブコメかと思いきや、全くそんなことはないし、青春映画としても恋愛映画としても人生を語る映画としても素晴らしい・・・。

オススメ度、かなり高めです。

「奥田民生になりたいボーイに贈るプレイリスト」というCDも出ているらしい。
めっちゃ欲しい!!!!!


にほんブログ村 映画ブログへ
画像引用元:映画.com

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする