10年ぶりの新作!映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィ・ゴー』ネタバレ&感想

いくつもの出会いから、生まれたしあわせ―――それが、あなた。

まさかこの作品の続編がやるなんて!!前作からおよそ10年ですよーーー!!ファンは嬉しいですよね!メリル・ストリープもコリン・ファースも好きなのでちびぞうも嬉しい。

劇場で観た方が絶対に楽しいと思ったので映画館へ観に行きました!

パンフはこんな感じ!

真四角っぽいデザイン、七色に光る加工がしてあって、写真も爽やかでにぎやかで楽しげですね!個人的に女装パフォーマーのブルボンヌさんのゲイ目線なコラムが興味深かった・・・!

sponsored link




【映画情報】

【原題】Mamma Mia! Here We Go Again
【制作国】アメリカ
【監督/脚本】オル・パーカー
【ストーリー原案】リチャード・カーティス、オル・パーカー、キャサリン・ジョンソン
【製作】ジュディ・クレイマー、ゲイリー・ゴーツマン
【作詞/作曲】ベニー・アンダーソン、ビヨルン・ウルヴァース
【オリジナル・ミュージカル台本】
【主題歌】キャサリン・ジョンソン
【原案】ジュディ・クレイマー
【原曲】ABBA(アバ)
【製作総指揮】ベニー・アンダーソン、ビヨルン・ウルヴァース、リタ・ウィルソン、トム・ハンクス、リチャード・カーティス、フィリダ・ロイド、ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ
【撮影監督】ロバート・イェーマン
【プロダクション・デザイン】アラン・マクドナルド、ジョン・フランキッシュ
【編集】ピーター・ランバート
【衣装デザイン】ミシェル・クラプトン
【振付】アンソニー・ヴァン・ラースト
【音楽監督】マーティン・コッシュ
【作曲】アン・ダッドリー
【音楽監修】ベッキー・ベンサム
【出演([]内は役名)】

  • アマンダ・セイフライド[ソフィ]
  • ピアース・ブロスナン[サム]
  • ジェレミー・アーヴァイン[若きサム]
  • コリン・ファース[ハリー]
  • ヒュー・スキナー[若きハリー]
  • ステラン・スカルスガルド[ビル]
  • ジョシュ・ディラン[若きビル]
  • クリスティーン・バランスキー[ターニャ]
  • ジェシカ・キーナン・ウィン[若きターニャ]
  • ジュリー・ウォルターズ[ロージー]
  • アレクサ・デイヴィーズ[若きロージー]
  • ドミニク・クーパー[スカイ]
  • アンディ・ガルシア[セニョール・シエンフエゴス]
  • シェール[ルビー]
  • メリル・ストリープ[ドナ]
  • リリー・ジェームズ[若きドナ]

【公開日(日本)】2018年8月24日
【上映時間】114分
【配給】ユニバーサル・ピクチャーズ
【映倫区分】G
【前作】マンマ・ミーア!
【IMDB】7.1/10.0  (およそ33,700人の評価)

【あらすじ】

ギリシャのカロカイリ島で念願のホテルを完成させたソフィは、オープニングパーティの準備に追われていたが、母ドナの親友ロージーとターニャもやってきて、久々の再会を喜ぶ。しかし、ニューヨークにホテルビジネスを学びにいっている夫のスカイから、一緒にニューヨークで暮らさないかと誘われ、心揺れるソフィ。そんな彼女に、ロージーやターニャ、そして3人のパパのひとりであるサムらは、若き日の物語を話し始める。【引用元:映画.com

【感想(ネタバレするよ!!・・・)】

☆3.0/5.0

アバの歌に乗って綴られる人生賛歌!楽しい楽しいエンタメクィーンとも言える今作!

前作は「お父さん候補が三人!?誰がほんとのお父さんか分からないけど、全員お父さんでいっか!」という大胆で突拍子もないオチが有名。新しい家族の形というものを示してくれる、マイノリティへの応援歌的な作品でしたね(ハリーは最後にゲイだとカミングアウトするしね!)。10年前の作品としては画期的でした。

メリル・ストリープ不在!?

今作はなんと思い切って主人公ドナが亡くなってしまったという設定・・・!えぇー!!メリル・ストリープが観たかった・・・けど・・・。出てこないの???と不安になっていたちびぞうですが・・・!大丈夫!最後の最後にしっかり登場してくれます!(霊体だけど)やっぱり嬉しいね!

今作は亡くなった母親から娘へバトンを繋いでいく・・・という内容になっているので、アマンダちゃんの出産がテーマ。生まれた子の洗礼式に登場するメリル・ストリープの場面は感動的。

ツッコミどころは結構多い

今作は前作でドナがどんなふうに恋人たちと関係を持ったのかの過去編が描かれます。なのでバトンを渡す話ではあるもののやっぱり主役はドナ!

若かりし頃の役者さんたちがちゃんと似てる人を使っているので本当に若い頃を見ているようで楽しい・・・(どうせならステラン・スカルスガルドの若かりし頃はビルくんがやればいいのに・・・と思ってやまない)

しかし!お話的にはちょくちょくツッコミたくなる部分もあります。一応は前作と矛盾がないように作られているんですが、後を追いかけたはずのハリーが島に行かなかった謎、とかね。せっかく婚約者と別れて島に戻ってきたのになんで本人に会わずに帰ってしまうのよ!そこまでの気持ちなのかい!ってサムに思ったりね。色々と。

個人的に、ちびぞうの好きなアンディ・ガルシアが出演していたのはかなり嬉しかったんですけども、その役柄が謎過ぎる・・・。ぶっちゃけいる?この人って感じのポジション。せっかくのアンディ・ガルシアだからもう少し意味のある役にしてほしかった!!

そしてシェール・・・。終盤で話にちょくちょく登場していたドナの母親が現れるんですけども、その正体がシェール!!!いやすごいけど!!歌声も大好きだけど!!(パンフでブルボンヌさんに”女装より女装っぽい”って書かれてて(笑))

メリル・ストリープの母親役にはきつい・・・。

そしてそのシェールとアンディ・ガルシアが実は元恋人だったという突然の設定にももうついていません!!でも雰囲気で乗っかっちゃおうね!!

まとめ

これは、アバのカバーライブ的な感じで楽しむのが正しい最強エンタメミュージカルですからね、細かいことは気にしてはいけないのです。

雰囲気に乗っかっちゃおう!そして楽曲を楽しもう!そんな映画でした!

あ!!!コリン・ファースは相変わらず紳士感が素晴らしく観光良かったですよ・・・劇中でも良い老け方してるって言われてた(笑)多分、コメディとしての面白さも1より上がってる気がしますね!!

とっちらかってて全くまとめになってないですが終わります!

読んでくださってありがとうございました!!


にほんブログ村 映画ブログへ

sponsored link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする